メニュー

気がついたら調査

傘と家

早めの対処が大切

一軒家では築年数が経過してくると雨漏りをする場合があり、雨が降った時に壁に雨が原因と思われるシミができるなどの変化が生じたら早めに雨漏り修理を依頼するのがオススメです。雨漏りは家の中に雨粒が入ってくるだけではなく、室内の壁が弱ったり柱が腐食したりするなど被害が大きくなる可能性があるので、しっかりと調査をしてもらい対処を行う必要があります。調査費用の相場は2万円から5万円前後となっており、雨漏り修理を行う前にどの部分に問題があって雨漏りが起きるのかを知るための大切なものです。原因となっている箇所が、屋根の瓦部分が壊れていることが原因である場合と外壁部分に壊れている箇所があって、雨漏りが起きる場合とでは修繕内容が異なるからです。これらの調査を終えて、雨漏りの原因が判明したら雨漏り修繕の工事を始めます。一般的な修理内容では外壁修理は面積によって費用に幅があり3万円から20万円前後が相場で、室内のクロス張替え代が数万円プラスでかかるのが相場です。天井の雨漏りの場合は、雨漏りの原因となっている瓦屋根を部分的に取り替えて天井を張り替える作業を行い、それぞれの作業に15万円前後かかり合計で30万円の費用となります。早く雨漏り修理の作業を行うことで、天井の張り替える面積が少なく済みますが、放置してしまうと張り替える面積が広がり費用もかかるので気がついたらすぐに調査を行うことが重要です。また、カラーベスト屋根の場合は、瓦屋根のように部分的に張り替えることが出来ないので、張り替え面積が大きくなり費用が多少高めになる傾向があります。カラーベスト屋根の家は、屋根部分のみで30万円くらいが雨漏り修理の目安と考えておくと安心です。