メニュー

種類や特徴

ウーマン

選択肢を知る

防水工事は工事方法が様々あります。どのような工事方法にするのか、よく検討してから防水工事を依頼するようにしてください。まず、方法として最も有名なのはウレタン防水です。ポリイソシアネートという成分を利用した主剤とポリオールという成分を利用した硬化剤を塗膜する方法です。水密性の高い連続皮膜を得られるのが特徴です。メリットは下地に馴染みやすく短期間で終わり、安価という点です。次にシート状に成形した合成ゴム系防水シートを、接着剤等で下地に貼り付ける方法です。メリットは材質が合成ゴムなので、伸縮性がかなりあり、下地の亀裂などにもしっかりと対応ができる部分です。また、耐用年数が他の方法に比べて長いという点もメリットだと考えられます。次に塩ビシートという方法があり、これは塩化ビニール樹脂で作られたシートを利用します。どのような形状や狭い場所だとしても一体化できる特徴があります。メリットは紫外線や熱に強く、カラフルな色にも対応できるという点です。施工の期間も短く済み、低コストで依頼することができます。次にFRPという方法です。この方法は近年とても人気となっていて、強度が高く耐久性に優れたFRPと呼ばれるプラスチックを利用して、軽量で耐水や耐食、耐候性に効果を発揮してくれます。メリットとしては強靭で耐久性に優れているので、結果的にコスト削減することが可能です。また、硬化速度がかなり早いので、施工も数日あれば終わります。