UVコーティングをするメリット|床を守る術

男性
  1. ホーム
  2. 素材と耐久年数

素材と耐久年数

フローリング

特徴を理解しておく

人生において最大の買い物は、なんといってもマイホームでしょう。念願のマイホームを購入したら、誰もが少しでも長く綺麗な状態で住み続けたいと考えます。定期的なメンテナンスや修復が必要になりますが、その費用を少しでも抑えて美しい状態を維持したい場合は、フロアコーティングが良いです。フロアコーティングによって、最も汚れやすい床の表面を保護して、綺麗な状態を長く保つことが出来ます。フロアコーティングは、使用するコーティング材料によって耐久年数が異なります。ここでは、各コーティング材料による特徴について説明します。最も耐久年数の長い材料は、ガラス材です。ガラス材によるフロアコーティングの仕組みは、ナノ技術によるハードコーティングと無機質によって実現された酸化防止性能です。床が伸縮してもコーティングが劣化する事はありません。ガラス材に匹敵するくらい、耐久年数の長い材料がもう一つあります。それが、紫外線硬化剤です。この仕組みのポイントは、焼き付け塗装法である事とコーティング時間が短い事です。シリコン樹脂によるフロアコーティングも、比較的耐久年数が長いです。平均的な耐久年数は10年くらいですが、丁寧に使用し続ければ20年近く維持する事も可能です。シリコン樹脂は、汚れに強い上に滑りにくいという特徴があります。また、動物への害が無いのでペットを安心して生活させる事も可能です。耐久年数は長くて10年程度ですが、安価で扱いやすい材料がウレタンです。他の材料よりも厚めにコーティング出来るので、摩擦に対する耐性が非常に強いのが大きな特徴です。