メニュー

あらゆる方法で家を守る

雨漏り

症状に合った解決法を探る

大切な資産である家を良い状態で保持することは重要です。小まめなメンテナンスから、大掛かりなリフォームまでを含めて大切な資産である家を守るためにはメンテナンスが必要となります。特に外壁や屋根は常に風雨にさらされています。夏の強い日差しや暑さ寒さも真っ先に受けるのが外壁と屋根です。その他にもバルコニーの床なども同じように過酷な条件にさらされています。家の悩み事のなかでも漏水、雨漏り修理は非常に厄介なトラブルの一つです。それは相手が水だけにどこから侵入してくるのかが非常に判別が難しいからです。原因箇所が特定できれば、適切な雨漏り修理の対策をとることが可能ですが、その原因箇所を特定することに経験や知識と実績が必要になります。見た目で判別できる場合もありますが、どうもココが原因ではないか、という確定が難しいのが雨漏り修理です。実際に雨漏りしている箇所から判断する場合が多いのですが、考えているよりも原因箇所が小さかったりするので様々な方法で原因箇所を特定します。問題だと思われる箇所に実際に水をかけてみたりするのは基本です。その他にもサーモグラフィカメラなどを使用する場合もあります。場所が特定できれば、そこを適正に補修するだけです。屋根が原因ならば屋根の葺き替えを含めた修理。外壁ならば割れやシールの剥がれなどを補修します。バルコニーの床ならば防水工事をし直したり、部分的な修理をしたりするのも可能です。木造住宅に限らず、本来は雨水が入ることを想定していない躯体部にとって百害あって一利なしです。症状に合った解決法で雨漏り修理が適正に行われることが家を守ることになります。