雨

複数の業者を比較する

雨漏り修理の専門業者を利用する場合には、必ず複数の業者を比較して、自宅の状態に適した業者に依頼を出さなくてはいけません。きちんと最善の修理業者に依頼をすることができれば、スピーディーにすべての作業を完了してくれます。

詳しく見る

傘と家

気がついたら調査

雨漏りは放っておくと室内の壁や柱が汚れたり弱ってくるため、発見したら早めに調査を依頼して雨漏り修理を行うのが賢明です。修理費用の相場は、瓦屋根の場合は室内修理を含めて30万円前後となっており、外壁の修理は3万円から20万円前後です。

詳しく見る

メニュー

料金は大切な選定要素

ベランダ

安くても高品質な工事を行う業者へ頼むためにも、複数の見積もりを比較してからベランダの防水工事を依頼しましょう。そして、長年その地域で看板を掲げている業者や、サポートの充実性を基準として業者を選びますと安心です。

詳しく見る

種類や特徴

ウーマン

一言で防水工事と言ってもいくつか種類があります。それぞれに特徴があるので、業者に依頼をする前にしっかりとどのような方法を選択するのか自分である程度イメージしておくと実際仕上がった後の相違がありません。

詳しく見る

あらゆる方法で家を守る

雨漏り

雨漏りの修理には経験と実績が必要になります。多くの経験と、様々な水漏れの原因特定のためのアプローチが求められます。原因が特定できれば、適正に対応し雨漏り修理を行います。家を守るために確実に直しておくことが重要です。

詳しく見る

最も人気の工法

男性

業者選びが重要

防水工事の中でも最も多くの人に選ばれているのが、ウレタン防水です。この防水工事は液体状のウレタン樹脂を塗りつけて、塗布した材料が化学反応して固まります。そうなると弾性と一体性のあるゴム状の防水膜が仕上がります。液体状の材料を使用するので、複雑な形状の工事だとしても柔軟に対応することができます。工事方法も二種類あり、密着工法と通気緩工法があります。まず、密着工法の場合だと材料を塗布して補強布をはりつけます。そして、さらに材料を塗布して、決められた厚さに仕上げていくという方法になります。この方法は非常に簡単ではありますが、膨れのトラブルが発生する可能性があります。理由は下地の乾燥が不十分な状態で施工されてしまったり、下地が綺麗な状態ではない場合です。基本的にこの部分はしっかりとした業者を選ぶことによって、不安が解消されるので心配することはありません。ただ、不安が残る場合はきちんと業者に不安点を伝えてどのような対応や説明をしてくれるかによって信頼できる業者どうかを見極めることができます。次に通気緩衝工法の場合は、シートにはりつけて、その上に材料を塗布して仕上げます。この方法は密着工法では膨れの原因になりかねない下地の汚れを外部に出すことが可能になっているので、かなり安心感のある工法です。また、均等に塗布しなくては劣化しやすくなってしまいますので、どちらの工法だとしてもまずはしっかりと業者選びをすることがポイントになります。